日本の伝統建築をほどきます【2】

織物屋さんの離れを移築用に解体しています。6月1日から解体が始まりました。
 
内観の細かなところを紹介します。天井は竿縁天井です。その竿がお洒落です。
それを掛ける回り縁もですが、木の肌をそのまま使い、自然な丸みを綺麗に活かしています。
天井板は残念ながら割れてしまいましたが、竿縁はそのまま活かしました。
この建物は昭和14年に建てられました。棟梁と細工士、兄弟の作です。
 
ご興味のある方、ほしい方、メッセンジャーでご連絡ください。

 専門家が、理想の住まいをアドバイス

CAT問い合わせ_家造りの専門家
暮らしを快適にするお手伝いを致します


お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい
0276-72-6001
受付時間 9:00-17:00 [土 日 祝日除く]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です