足利市新古民家の外壁タイル

前回も書きましたが、現在、栃木県足利市本城の新古民家では、外壁タイルのサンプルと格闘中。

様々なタイルを集めましたので、そちらの説明をしてみます。

外壁・玄関床サンプル

外壁腰貼り・玄関床貼り

外壁の腰に貼るタイルと玄関床に貼るタイルのサンプルを取り寄せました。
自然石がいいのか、人口石がいいのか迷うところです。
カタログで見比べているとどうしても価格が目についてしまい安い物に気を取られてしまいます。現物は全然違う。やはり実物を見るべきだと改めて思います。

 

玄関床御影石乾燥

玄関御影石水濡れ

玄関床貼り用タイル その1

御影石の黒と灰色の物を見比べます。
それぞれ「磨き仕上げ」と「バーナー仕上」。
さすがに硬い素材なので磨きは綺麗につやが出ます。
バーナー仕上げの方はどちらも一見「白」。
でも濡らすと本来の色が出ます。
雨の日は色の変化を楽しむ事が出来ます。

 

玄関人口タイル

玄関床貼り用タイル その2

人口のタイルは綺麗です。手入れも簡単です。
それは何にも代えられないメリットです。
しかも最近のタイルは自然石に凄く似てます。
一見分かりません。
でもな~~~、味気ないんだよね~、、、。

 

外壁石英岩

外壁腰貼り用タイル

一口に石英岩と言えど、色は様々。
御影と同様、濡らすと綺麗に発色します。

 

古木材・赤石英

古木材と赤石英

古木材(欅)と色合わせすると、、、
赤かな、、、?!

 

外壁石英岩-床御影石

外壁腰貼り用タイルと床貼り用タイル

外壁用タイルを石英岩にしようと思う。
床の御影石タイルと色調を合わせて。
お互い自然石で仕上げると綺麗に仕上がりそうです。
落ち着いた大人の色合いで仮決定。

ちょっと気になるのが飾り柱梁から伝わってくる汚れ。
これから詰めて仕様を決定します。

栃木県足利市本城:新古民家の詳細

栃木県足利市本城に建設中の新古民家の現在の状況と詳細をお届けします。

a0909-1

キッチン収納

キッチンをアイランド型に設置した後ろには壁面全体を使ったクローゼットが設置されます。
クローゼットは和の荒間障子を洋風に使い 使いやすいフルオープンの開き戸にする予定です。

向かって右側のクローゼットの中には洗濯機と冷蔵庫を置けるようにし、
キッチンで料理しながら洗濯物の入れ替えができるよう考えました。

 

a0909-5a0909-6a0909-9

古材梁組

直径55センチの大梁は古民家用語で言うと「牛梁」と言います。
その牛梁を支える大黒柱は「牛持ち柱」とも言います。
この梁は「文久四年」1864年、今年151歳の大梁です。
昔の職人さんが精魂尽くして切り出してきた価値ある材料です。

 

a0909-7

洗面所

洗面台の上から明かりが採れるように配置した窓。
全面開放できるガラスルーバー窓にしました。
他の多く家のガラスルーバー窓はガラス1枚1枚がズレながら重なり合い気密しますが、この窓はそのガラスが2重に配置する「二重ガラスルーバー窓」です。
ちなみに、トイレもこれと同じで大きさの違う窓。
全面換気と二重サッシのいいとこ取りです。

 

a0909-11

和室

和室は6畳。寝室として最適なサイズ。大壁仕上。
断熱性を高め、またシンプルなデザインにするためにこの方法を選びました。
屋根の高さの関係で「火打ちが(建物を四角に保つ部材)」が部屋の角に見えています。窓はペアガラス。夏冬の断熱には心配いりません。

 

a0909-8

納戸

納戸は4畳。家具を並べても邪魔にならない高いところに窓を設置しました。
換気しやすい2面(東・北)換気。

 

a0909-2a0909-3

外観

外観は飾り柱・梁を設置し、内部に負けない重みのあるイメージにしました。
材料は「枕木」。昔の駅の匂いがします。
中間に帯状の見切りを入れて 上は漆喰、下は石貼り仕上げにしようと考えています。
現在サンプルと格闘中。

 

a0909-4a0909-10

玄関柱・梁飾り

玄関柱の根本に銅板を張りました。今はピッカピカです。
他の銅板飾りと同様、半年くらい経つといい色になります。

 

以上。ご興味のある方は、(株)新明工産までお問合せください!

mail

otoiawase

外壁、屋根の雨漏り大丈夫ですか?

古民家情報が続いていますが、(株)新明工産では古民家リフォームだけではなく、通常のリフォームも行っています。

現在、台風や秋の長雨に備えて、外壁・屋根のキャンペーン中。

2015summer

外壁の塗り替えや瓦の葺き替え、雨漏りやカビの発生など、お住まいのことでお困りのある方は、(株)新明工産まで、お気軽にご相談ください。

mail