足利市本城、新古民家:巨大梁と漆喰の家

栃木県足利市本城にある新古民家の最新の写真をお届けします。

巨大梁が室内にマッチした感じで、かなり迫力ある室内となっています。

 

まずは、外観から。

asi729-1

asi729-2

周りの緑に瓦屋根が映えます。

 

asi729-5

巨大梁です。室内に収まるとほんとに巨大です。

asi729-3

平屋ですが、天井も高く、梁がマッチしています。

asi729-4

ズドンという感じです。

 

asi729-6

となりの部屋も良い雰囲気になってきました。

 

asi729-7

こちらは玄関です。

 

asi729-9

窓は遮熱断熱になっています。現代の技術も取り入れて快適な生活を目指します。

asi729-10

カベ天井の断熱材。50ミリあります。ポリスチレンフォームです。

asi729-8

天井の漆喰、下地。

asi729-13

床にも45ミリの断熱材が入っています。構造用合板と、上には30ミリの杉の無垢板が入ります。素足で歩いても快適になるはずです。

asi729-12

床下は、鋼製束を入れています。遠くに見える光は、隙間です。床下換気の機能を持った基礎パッキンとなっています。

 

asi729-11

最後に周辺環境です。後ろが山ですが、住宅街で街中からもそう遠くはありません。ちょっとしたリゾートのような雰囲気もあります。

 

以上。足利市本城、新古民家の現在でした。完成に向けて、また写真等でお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

実物が見てみたい!興味のある方は、お気軽にお問合せください。
mail

お電話の方はこちらotoiawase

 

足利市古民家風マンションの写真

以前よりお伝えしている栃木県足利市本城のマンション「ニュートンヴィレッジ」10階にある古民家風にリノベーションしたマンションの一室の写真を撮ってありますので、追加して、掲載したいと思います。

まずは玄関から

a9

a6

ストッパーもあります。

a8

網戸もついてます。

a7

入ってすぐのところです。

asikaga-sin6

正面の蔵戸のスライドドア

asikaga-sin3

リビングとキッチン

a10

タイル貼りですっきりしたキッチンです。

asiman1

整流板つきの換気扇。上に収納があります。

asikaga-sin1

リビングにある障子のスライドドア。

開けるとベランダに出ます。

a3

a2

景色も良い所です。

 

続いて、洗面所。

asikaga-sin7

a1

シャワーにもなります。

a5

バスは近代的なものになっています。

asikaga4

トイレも近代的なものになっています。

 

asiman2

真ん中の和室です。畳です。

a4

押入れもあります。

asi5

一番奥の部屋は近代的な感じです。使用シーンに合わせて、部屋をお使いください。

 

以上。以前の写真も交えて、追加画像を掲載しました。

栃木県足利市の古民家風マンションにご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
mail

お電話の方はこちら
otoiawase

栃木県足利市について

現在建設中の新古民家の一軒家と古民家風リフォームをしたマンションのある足利市本城は、山を背にした落ち着いた場所ですが、こちらから、まちなかまでは、そう離れてない所にあります。

足利のまちなか自体、鑁阿寺や足利学校を中心として、石畳の商店街になっているなど趣きのある場所です。

bannaji
鑁阿寺

bannaji2
鑁阿寺前の石畳の道。

鑁阿寺周辺は、古くは足利銘仙で栄えていたことなどもあり、着物姿で歩いている方もよく見受けられます。(そういうイベントがあったりするのです)

建物も伝統あるものも多く、古民家が好きな人もゆったり落ち着ける場所になってると思います。遠方から遊びに来てみても面白いかもしれません。

 

足利市観光協会 <足利について詳しくはこちらで。