田舎暮らし建物見学会開催!!

新明工産では2つの田舎暮らし見学会を開催します!

10/1~10/14 佐野市田舎暮らし建物見学会

※ご予約が必要です。

佐野市田舎暮らし建物見学会
Sano City living life building visit tour

ご予約の方のみのご案内となります。
お気軽にご予約ください。
It will be a guide only for those who make reservations.
Please do not hesitate to make a reservation.

佐野イオンモール・アウトレット・ベイシアに近く。買い物に便利な距離に位置。
A place close to Sano Aeon Mall ・ SANO Premium Outlets ・ Beisia Mall.
The necessary living goods store is nearby.

落ち着いた町並。区画分譲地の奥の区画にあり中心には西洋の広場を思わせる袋小路がある。
Quiet residential area.
The way ahead is like a Western-style park.

新築後わずか1年しか住んでいない中古住宅。ほとんどキズ汚れがなく極美しい。
Used house not living only for 1 year after new construction
The building is clean with little scratches and dirt.

持ち主は東京に仕事の拠点があり、勤務体制の都合上佐野市からのアクセスに不便さを感じ、やむを得ず売却することになった。
The current owner is working in Tokyo.
For the convenience of work, it is impossible to go to Tokyo from Sano City. I will sell this building.

週末・季節・移住・別荘。天災の少ない快適な場所。
Weekend · season · emigration · second house.
A comfortable place with little natural disaster.

 

10/7~10/20 足利市田舎暮らし建物見学会

※ご予約が必要です。

足利市田舎暮らし建物見学会

Ashikaga City living life building visit tour

ご予約の方のみのご案内となります。
お気軽にご予約ください。
It will be a guide only for those who make reservations.
Please do not hesitate to make a reservation.

このマンションの内装工事経歴
History of interior construction of this apartment
2015年5月大規模リノベーション完了。
2015年5月に修繕完了。
2017年3月までの約2年間「新古民家(弊社ブランド)」の
マンションリノベーションモデルルーム兼足利支店(兼居宅)として使用。
Repair completed in May 2015.
Until March 2017 model room and Ashikaga branch.My company’s

物件の魅力
Attraction of this apartment
足利市役所の北に見える山の中腹に建つマンション。
山の中腹に建つマンション。
夜景が綺麗。夜景の中に足利の花火が見えます。
A condominium built on the mountainside.
Night view is beautiful.
Fireworks will rise in the night view.
Summer ashikaga fireworks.

マンションの最上階の下の階なので、最上階と比較して雨漏りや冬場の寒さ対策に不安が軽減される。
北の山(自然林)と南の平地との関係、夏場は風通しが良く快適(個人主観)
The floor below the top floor.
It is hot, cold, and less concerned about rain.
In the summer, the wind passing between the plains and the mountains is cool.

南面・東面の窓ガラスは遮熱断熱ガラスを入れ、外部の気象環境に影響を受けにくい仕様となっている。
LDK南面の内障子を開き戸にし、室内から外部景観を良くした。
The windows in the south and the east are heat shielded and insulated glass.
The window is big because it is an opening door.

二重構造の床組とし、下地にゴムマットを使用し下階への床震動の伝わり軽減に配慮。
Dual structure floor. Sound is difficult to be transmitted to the lower floor.

玄関・廊下・LDKを白漆喰と杉無垢板で仕上げた内装。
Entrance · Corridor · Kitchen Dining Living is Japanese plaster and cedar.

LDKと一部居室の入り口に蔵戸を使った「新古民家(弊社表記)」仕様。
The entrance door of the living room is an old Japanese warehouse door.

家具は別売り。
Furniture sold separately.

 

田舎暮らし建物見学会にご興味ある方は下記までお問合せください。

mail

お電話の方はこちらotoiawase

足利マンション販売中♪

栃木県足利市本城のニュートンヴィレッジ1003のマンションを販売中です!

以前、モデルルーム(事務所)として使用していた場所で、ヴィンテージ家具のついた部屋となっています。(家具がいらない場合はお値引して販売致します。)

古民家リノベーションを施しているので、プレミアム感ある作りです。

10階にある眺めの良い部屋ですので、ご興味のある方は、是非、お気軽にお問合せください!

 

詳細はアットホームに掲載しています

 

mail

お電話の方はこちらotoiawase

 

足利事務所を開設しました!

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

(株)新明工産の足利事務所を開設いたしました。

sinkominka

場所は、以前ご紹介した足利市本城のマンションとなります。御用のある方は、お問合せくださいませ。

住所:〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目3905−7 ニュートンヴィレッジ1003

お問合せ先: 0284-22-7182 FAX0284-22-7283

 

 

足利市古民家風マンションの写真

以前よりお伝えしている栃木県足利市本城のマンション「ニュートンヴィレッジ」10階にある古民家風にリノベーションしたマンションの一室の写真を撮ってありますので、追加して、掲載したいと思います。

まずは玄関から

a9

a6

ストッパーもあります。

a8

網戸もついてます。

a7

入ってすぐのところです。

asikaga-sin6

正面の蔵戸のスライドドア

asikaga-sin3

リビングとキッチン

a10

タイル貼りですっきりしたキッチンです。

asiman1

整流板つきの換気扇。上に収納があります。

asikaga-sin1

リビングにある障子のスライドドア。

開けるとベランダに出ます。

a3

a2

景色も良い所です。

 

続いて、洗面所。

asikaga-sin7

a1

シャワーにもなります。

a5

バスは近代的なものになっています。

asikaga4

トイレも近代的なものになっています。

 

asiman2

真ん中の和室です。畳です。

a4

押入れもあります。

asi5

一番奥の部屋は近代的な感じです。使用シーンに合わせて、部屋をお使いください。

 

以上。以前の写真も交えて、追加画像を掲載しました。

栃木県足利市の古民家風マンションにご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
mail

お電話の方はこちら
otoiawase

なぜ?床は杉板、カベ、天井は漆喰なのか?

いままで栃木県足利市でリフォームしたマンションを例にとり、「新古民家」の説明をしてきましたが、最後に床、カベ、天井の素材について書いてみたいと思います。

言うまでもない事かもしれませんが、床、カベ、天井はシックハウス対策にも重要な部分です。と同時に、それは部屋の空間演出にも重要な素材だということです。

asi2

床は杉板にしました。杉板は肌ざわりがよく、スリッパなどでなく、はだしで歩きたいような心地よさがあります。床を杉板にすることにより、部屋が心地よい空間となります。

カベ、天井は漆喰(しっくい)です。

asi3

漆喰には、梅雨から夏にかけて調湿をする機能があります。こちらも肌ざわりがよく、カベに使用することにより、ある種、マイナスイオン的な自然の中にいるような感覚があります。

このように、床や壁、天井の素材へのこだわりや、その他、古材やアンティーク家具、現代の新技術などを組み合わせる事により「新古民家」は造られます。

「新古民家」にご興味のある方は、是非お気軽に(株)新明工産まで、ご連絡ください。

mail

お電話の方はこちらotoiawase