床鳴りの直し

ヴィンテージ家具の記事が続きましたが、また建築の話しを少しだけ。今回は床鳴りの直しです。

床鳴りとは、歩いた時に床がキュッキュなどと音を立てる現象です。

鳴り方や鳴る原因などは色々あるので、今回は床下に潜って原因を特定する必要があるようです。というわけで、畳の下から床に入りましょう。

畳の下を開けました。下に見えるのは炭です。入りづらいので、これをよけてから入ります。

 

入った床下の写真はありません(^^;)

 

床下に入って原因を特定したので、一旦、戻ります。ちょっと隙間があったようです。

 

というわけで、必要な部材を作ります。

これをかませて直します。

 

今回は、これだけの話でした(^^;)

 

 

手すりの塗装の前に♪

最近は、不動産の話が続いていましたが、久しぶりに建築作業の模様をお届けします!

今回は、ベランダの手すりの塗装前の作業です。

錆びた所に金属テープを詰めます。

シリコンも使います。

 

うまく広げて補強します。

これを端から端まで行い、塗るのはまた後日。シリコンが乾いてからです♪

 

◆◆建築のお仕事ありましたら、新明工産まで!◆◆

mail

お電話の方はこちらotoiawase