台風24号の被害

台風が直撃し屋根が飛ばされた物置。材料を節約するために、隙間を空けて屋根トタン下地が張られていました。
補強のために針葉樹合板を張り、足場を造りながら屋根を仕上げました。
古い建物の補強工事等についても、お気軽に新明工産にご相談ください。

■台風24号の被害物置の屋根が飛ばされました。直撃台風の被害です。昔造られた建物。野地(屋根トタン下地)はカラ松のザラ板。隙間をあけながら、材料を節約し垂木(骨組み)が見える様に張られています。見るからに危ない。その上に針葉樹合板を張って、足場を造りながら屋根を仕上げます。一安心です。

新古民家リノベーション – 空家活用と田舎暮らし 株式会社新明工産さんの投稿 2018年11月2日金曜日

 

 専門家が、理想の住まいをアドバイス

暮らしを快適にするお手伝いを致します


お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい
0276-72-6001
受付時間 9:00-17:00 [土 日 祝日除く]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です